2014年09月01日

体型に合った効率のよい痩せ方

身体の体型に合った効率のよい痩せ方があるそうです。
私の体型は女性独特の「洋ナシ体型」のようです。
おしりや太ももなどの下半身の皮下脂肪が多い子の体型。
下半身がむくんだ状態の表してるんですね。
内臓脂肪よりも悪くはないですが、一番痩せにくいのが皮下脂肪ですね。
この洋ナシさんは、脂肪分をへらすことがnせるための一番の道のようです。
生クリームなどの乳脂肪分などはさけて、蒸した野菜などがよいそうです。
運動も、筋力トリ―にングを主にやるとよいそうです。
そして、痩せたいと思ったら、自分の体型をしっかり把握することがよいのです。
ヒップや太ももなど、定期的に計りづつけて、自分をチェックすることがいいかもしれませんね。
でも計るだけではなくて、それなりのダイエットしていくこと。
何をしたのか、何を食べたのか、細かく記録していくと、自分の体にとって、危険な食べ物などが、分かって、控えたり、多めにとったりと、食生活も、自分で、把握できるようになるかもしれません。
自分の体を。常に厳しくするのではなく、飴とムチを繰り返しながら、ダイエットを長く続けていくことができて、それが日課になることが一番ですね。

ダイエット参考サイト⇒ダイエットエステおすすめ.asiaエルセーヌ勧誘.biz
posted by nnbjgucjcd at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康的に痩せるために

健康的に痩せるためには、「自分の体型を知る」ことが必要になってくるそうです。
体重や決まった箇所のサイズを量り続けることで、食生活や生活習慣の改善に生かせるというものです。
そして体型には「リンゴ型」「洋ナシ型」とわけられるそうです。
「リンゴ型」は内臓脂肪が多く太っている場合、お腹がポッコリしているので、見た目からの「リンゴ型」なんだそうです。
このリンゴ型は中高年の多く、ビール腹や中年太りとも言われているそうです。
このリンゴ型は、糖尿病などの生活習慣病を引き起こしやすいので要注意のリンゴ型です。
リンゴ型さんは普段から「胴囲」を計り続けることが大切です。
食事や全身運動で効果が出やすいのが、この胴囲なんです。
ウエストではなく、おへそ回りのことです。
そして太らないようにするには、まず食生活を見直すことが一番ですね。
ご飯やパンなどは、太りやすいので、糖質を減らすほうが効果がでやすいようです。
ジョギングやウオーキングなどの有酸素運動がよいそうです。
体型から、食生活もわかるなんて・・・と思いましたが、偏った食べ方をしていると、身体に着くお肉は、同じところにつくから、体型で、わかるのかな!?と納得もしました。
年齢を重ねていくと、代謝の上がり方も変わってきます。
自分では、あまり変わってないようでも、身体の中は少しづつかわっているんですね。
40代を目前にしている私も、若いままのダイエットではなく、年齢にあった、食事や運動を心掛けたいと思います。

ダイエット参考サイト⇒メンズダイエットエステ2014.asiaシーズラボ体験の口コミ.asia
posted by nnbjgucjcd at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンチエイジング対策で肥満を予防

アンチエイジング対策、肥満を予防することでもあります。

私たちの体はさまざまなホルモンの働きによって健康を維持していますが、加齢とともにホルモンの分泌量は減少し、疲れやすい、集中力がなくなる、太る、骨が弱くなるなどの症状があらわれてきます。 
免疫細胞を活性化する成長ホルモンは、夜眠っている間に盛んに分泌されるので、十分な睡眠時間の確保が重要です。
女性は40歳をすぎたら、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなどを意識してとるようにするとよいでしょう。
運動不足や睡眠不足、バランスの悪い食事はホルモン分泌を狂わせるので要注意です。 
紫外線、ストレス、タバコは体をサビさせる大きな原因となるので、UVケア、ストレス対策を心がけ、禁煙を。
肥満対策には、動物性脂肪や糖分を控えた栄養バランスのよい食事をよく噛んで食べ、腹八分を守ることが第一。
それに加え、日ごろから軽い運動を続けることが、筋力の衰えを防ぎ、スリムで若々しい体形を保ちます。
わざわざジムなどに行かなくても、ストレッチやスクワットなど、いつでもどこでもできる、全身の筋肉や関節をよく使う運動を続けましょう。
 これら、老化を防ぐための食事や運動を毎日続けるには、強い意思の力が必要です。

ダイエット参考サイト⇒人気の痩身エステ.asiaダイエットエステ効果2014.asia
posted by nnbjgucjcd at 11:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームという言葉がよくでてくるようになりました。
糖質のとりすぎに対する注意がたくさんあります。
糖質とは、三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたもので、食事でとった糖質は、肝臓でグリコーゲンになり、エネルギーとして使われますが、使い切れなかったものは中性脂肪に変えられ、それが、脂肪肝やメタボリックシンドロームを引きおこす原因になるのです。 

糖質というと、「糖」の文字がつくためか、「甘い物」が連想されるようですが、甘い物ばかりが糖質ではありません。
糖質には、・単糖類(ブドウ糖、果糖など):最小単位の糖質。果物などに含まれているそうです。
次に・少糖類(ショ糖、麦芽糖など):単糖類が2個から数個くっついたもの。
最後は・多糖類(でんぷん、グリコーゲンなど):単糖類が多数くっついたもの。
ごはんやパン、めん類、いも類などに含まれているそうです。

 糖質をとるときは、吸収に時間がかかり、中性脂肪の合成にも時間のかかる多糖類からとったほうがよいといえます。
つまり、甘い物からではなく、ごはんやパンなどの主食からとるようにしたほうがよいのです。
若いうちから上手にダイエットしておくのが一つの良い方法ですね。

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ美脚2014.asia痩身エステ比較2014.asia
posted by nnbjgucjcd at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝食抜きは太りやすい

ダイエットで朝食を抜くのはとんでもないことって知っていますか! 
「朝食抜きは太りやすい」って知っていました? 
朝食を抜くと、昼食や夕食をつい食べすぎてしまったり、間食に甘いお菓子を食べてしまったりで、一日の摂取エネルギーがオーバーになりがちになるのです。
また長い空腹時間は、次の食事の消化吸収をさかんにし、かえって肥満を招きやすくなるのです。
さらに、まとめて食べると血糖値も上がりやすく、続けていると糖尿病も誘発しかねません。 

他にも脳のエネルギー源になるのはブドウ糖だけ。
だから朝食でご飯やパンを食べることは大切なのです。
それが朝食抜きでは、午前中は脳がエネルギー切れのままで、集中力がなくなってしまうのです。 

朝食は腸へ刺激を与え、朝の排便を促します。
朝食抜きではこのリズムが乱れ、便秘になりやすいのです。
ヨーグルトや牛乳、野菜ジュースなどのど越しのよいものから口にして慣らし、徐々にバナナ1本、トースト、コーンフレーク、おにぎり1個にゆで卵1個と腹もちのよいもの変えていくとよいそうです。
ただし、エネルギー過多になりやすいお菓子や菓子パンなど「甘い朝食」に偏りすぎてはいけません。
朝食は絶対に摂りましょう。

ダイエット参考サイト⇒ダイエットエステ比較2014.asiaダイエットエステ体験2014.asia
posted by nnbjgucjcd at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする